管理者からのメッセージ

「ケアセンター姉川の里」では、利用者の皆様一人一人が主役となり「住み慣れた地域でいつまでもその人らしく生活できる」よう、地域との繋がりにも力をいれ様々な活動や行事を通じて積極的な地域交流に取り組んでいます。
また、皆様が日常生活と同じ感覚で気軽に安心してご利用いただけるよう、
日課を決める事はせずその時の皆様の希望や雰囲気にあわせて様々な活動などを行っています。
「同じ空間で同じ時間を共有できる生活の場」を意識し、皆様の生活の延長上にある施設を目指し頑張っています。

“グループホーム姉川の里”では「人生の先輩として尊敬し、日々楽しみ・喜び・生きがいを持った生活が送れるようお手伝いし、家族の一員として共に過ごします」という理念を基に、本人の生活リズムを大切にしながらお手伝いが必要とされる部分のサービスを提供するよう努めています。