トップページ さざなみ会 さざなみ苑 姉川の里  
  さざなみ日記  
ごあいさつ 施設紹介 交通アクセス お問い合わせ
 
特別養護老人ホーム
ショートステイ
デイサービスセンター
グループホーム
居宅介護支援センター
 
ごあいさつ
基本理念
概要
ご入居までの流れ
採用情報
法人情報
 
姉川の里
 
お問い合わせ
 
 
さざなみ苑 > 居宅介護支援センター 契約書内容について
居宅介護支援センター

さざなみ苑居宅介護支援事業契約書

(契約の目的)
第1条 事業者は、利用者に対し介護保険法令の趣旨にしたがって、居宅サービス計画を作成するとともに、指定居宅サービス等の提供が確保されるよう指定居宅サービス事業者等との連絡調整その他の便宜を図ります。

(契約期間)
第2条 この契約の契約期間は平成  年 月 日から利用者の要介護認定または要支援認定(以下「要介護認定等」といいます。)の有効期間満了日までとします。
但し、契約期間の満了日までに、利用者が要介護状態区分の変更の認定を受け、要介護認定等の有効期間の満了日が更新された場合または要介護認定等の更新認定を受けた場合は、更新後の要介護認定等の有効期間の満了日までとします。
2 契約満了日の7日前までに、利用者から事業者に対して、文書(様式1)により契約終了の申し出がない場合、契約は自動更新されるものとします。

(介護支援専門員)
第3条 事業者はその事業所に属する介護支援専門員を利用者の担当者として任命し、その選定または交代を行った場合は利用者にその氏名を文書(様式2)で通知します。
2 介護支援専門員は、常に身分証を携行し、初回訪問時または利用者や利用者の家族から提示を求められたときは、いつでも身分証を提示します。

(居宅サービス計画の作成)
第4条 事業者は、次の各号に定める事項を介護支援専門員に担当させ、居宅サービス計画を作成します。
(1) 利用者の居宅を訪問し、利用者および家族に面接して情報を収集し、解決すべき課題を把握します。
(2) 当該地域における指定居宅サービス事業者等に関するサービスの内容、利用料等の情報を適正に利用者およびその家族に提供し、利用者にサービスの選択を求めます。
(3) 提供されるサービスの目標、その達成時期、サービスを提供する上での留意点等を盛り込んだ居宅サービス計画の原案を作成します。
(4) 居宅サービス計画の原案に位置付けた指定居宅サービス等について、保険給付の対象となるか否かを区分したうえで、その種類、内容、利用料等について利用者およびその家族に説明し、利用者から文書による同意を受けます。
(5) その他、居宅サービス計画作成に関する必要な業務を行います。
2 利用者が居宅サービス計画の変更を希望した場合または事業者が居宅サービス計画の変更が必要と判断した場合は、事業者と利用者双方の合意をもって居宅サービス計画を変更します。

(サービス実施状況および課題の把握)
第5条 事業者は、居宅サービス計画作成後、次の各号に定める事項を介護支援専門員に担当させます。
(1) 利用者およびその家族と毎月連絡を取り、居宅サービス計画の実施状況の把握を行います。
(2) 居宅サービス計画の目標に沿ってサービスが提供されるよう指定居宅サービス事業者との連絡調整を行います。
(3) 利用者の状態等について常に解決すべき課題の把握を行い、必要に応じて居宅サービス計画の変更を行うと共に、要介護認定等区分変更申請の支援等の必要な対応をします。

(施設入所への支援)
第6条 事業者は、利用者が介護保険施設への入院または入所を希望した場合、利用者に介護保険施設への紹介その他の支援をします。

(給付管理)
第7条 事業者は、居宅サービス計画作成後、その内容に基づき毎月給付管理表を作成します。

(要介護認定等の申請に係る援助)
第8条 事業者は、利用者が要介護認定等の更新申請および状態の変化に伴う区分変更の申請を円滑に行えるよう利用者を援助します。
2 事業者は、利用者が希望する場合は、前項の申請を利用者に代わって行います。

(サービスの提供の記録)
第9条 事業者は、居宅サービス計画、サービス担当者会議等の記録その他の指定居宅介護支援の提供に関する記録を作成することとし、この契約終了後2年間保管します。
2 利用者は、事業者の営業時間内にその事業所において、当該利用者に関する第1項の記録を閲覧できます。
3 利用者は、当該利用者に関する第1項の記録の複写物の交付を受けることができます。
4 第11条第1項または第2項の規宏により、利用者または事業者が解約を文書で通知し、かつ、利用者が希望した場合、事業者は、直近の居宅サービス計画およびその実施状況に関する書面を作成し、利用者に交付します。

(料金)
第10条 事業者が提供する居宅介護支援に関する料金及びその他の費用は契約書別紙のとおりです。

(契約の終了)
第11条 利用者は、事業者に対して、文書(様式3)で通知することにより、いつでもこの契約を解約することができます。
2 事業者は、やむを得ない事情がある場合、利用者に対して、契約終了日の1ヶ月前までに理由を示した文書で通知することにより、この契約を解約することができます。この場合、事業者は当該地域の他の指定居宅介護支援事業者に関する情報を利用者に提供します。
3 次の事由に該当した場合は、この契約は自動的に終了します。
(1) 利用者が介護保険施設に入所した場合
(2) 利用者が要介護または要支援でなくなった場合
(3) 利用者が死亡した場合

(秘密保持)
第12条 事業者、介護支援専門員および事業者の使用する者は、サービス提供をする上で知り得た利用者およびその家族に関する秘密を正当な理由なく第三者に漏らしません。この守秘義務は契約終了後も同様です。
2 事業者は、利用者から予め文書で(様式4)で同意を得ない限り、サービス担当者会議等において、利用者の個人情報を用いません。
3 事業者は、利用者の家族から予め文章で同意を得ない限り、サービス担当者会議等において、当該家族の個人情報を用いません。

(賠償責任)
第13条 事業者は、サービスの実施にともなって、事業者の責めに帰すべき事由により利用者の生命・身体・財産に損害を及ぼした場合には、その損害を賠償します。

(相談・苦情対応)
第14条 事業者は、利用者からの相談、苦情、に対応する窓口を設置し、自ら提供した居宅介護支援または居宅サービス計画に位置づけた指定居宅サービス等に関する利用者の要望、苦情等に対応し、迅速かつ適切に対応します。

(善管注意義務)
第14条 事業者は、利用者からの相談、苦情等に対応する窓口を設置し、自ら提供した居宅介護支援または居宅サービス計画に位置づけた指定居宅サービス等に関する利用者の要望、苦情等に対し、迅速かつ適切に対応します。

(善管注意義務)
第15条 事業者は、利用者より委託された業務を行うにあたっては、法令を遵守し、善良なる管理者の注意をもってその業務を遂行します。

(信義誠実の原則)
第16条 利用者および事業者は、信義誠実をもって本契約を履行するものとします。
2 本契約に定めのない事項については、介護保険法令その他諸法令の定めるところを遵守し、双方が誠意を持って協議のうえ定めます。

(裁判管輌)
第17条 利用者および事業者は、本契約に関して訴訟となる場合は、利用者の住所地を管輌する裁判所を第一審管輌裁判所とすることを予め合意します。

 
 
 
  プライバシーポリシー サイトマップ 法人情報 お問い合わせ  
 

特別養護老人ホーム さざなみ苑  
〒522-0068 滋賀県彦根市城町二丁目13番3号 TEL(0749)27-1411 FAX(0749)27-1429 E-mail sazanami3373@gaia.eonet.ne.jp
特別養護老人ホーム 姉川の里  
〒529-0113 滋賀県長浜市大井町973番地1 TEL(0749)73-8010 FAX.(0749)73-5500 E-mail anegawanosato2551@gaia.eonet.ne.jp
ケアセンター 姉川の里 グループホーム 姉川の里
〒529-0113 滋賀県長浜市大井町973番地2 TEL(0749)73-3388 E-mail anegawanosato973-2@iris.eonet.ne.jp

Copyright (C) Sazanamikai All Rights Reserved.